DRMが抱える問題と今後の課題

DRMの今後の課題

コピーガード

デジタル著作権管理(Digital Rights Management:DRM)というのは、コンピュータやデジタル オーディオ プレーヤーで、音楽・映画・デジタル書籍・デジタル文書などのコンテンツを再生・閲覧する際に、コンテンツの対価を支払った場合、もしくは特定の機器でのみ再生できるようにした著作権保護機能の総称です。

 

最も身近な例としてはDVDのコピーガード機能が挙げられます。AGA

健全なコンテンツの流通性を担保するために生まれた技術ですが、再生する機器が特定されると円滑なコンテンツの流通が損なわれるという弊害が発生し、USAmazonやAppleは楽曲提供会社と協議のうえDRMフリーのコンテンツを配信しています。これは、コンテンツの流通性を高めると同時に消費者の利便性を優先した結果です。

 

iTunesのDRMフリーコンテンツについて(公式)Amazon MP3について(ITmediaニュース)

 

DRMは、ビジネスの世界でも活用されています。重要文書や社外機密文書や図表にDRMを施し、閲覧権限のある人が特定の機器のみ閲覧できるようにして機密を守ることを実施しています。

 

多くのDRMの標準化団体があり、その統合は不可能といえるほど難しく、現在提供されているDRMにユーザー本位のシステムがないため、これらの整理・調整が今後の課題となっています。

DRMの今後の課題関連ページ

レコード会社はDRM廃止の動き
エイベックスなどレコード各社にDRM廃止の動きが見え始めましたが、その理由は?
サポートセンターへの質問
ムービーグラバーに違法性は無いのか?サポートセンターに問い合わせてみました。
DRMのメリット
DRMを導入するメリットとは?
動画サイトで繰り広げられる争い
動画サイトの戦いはシェアだけではありません。動画のファイル規格争いも熾烈です。
色々なファイル形式
ネット上で公開されている物でいえば、Swf形式が一番多いと思います。
インターネット動画共有サイトと知的財産
昨今急速に普及している動画共有サイト。サイトの仕組み上必ず噴出する問題点とは?
DRMについての意見
最も身近なDRMであるDVDなどのコピーガード。消費者の利便性向上を目的に、ダビング10のように規制が緩和されるケースもあります。
DRMにおけるデメリット
動画にDRMの技術を用いるには、「認証キー」の管理などのコストもかかります。
DRMとその問題点について
SteamのようにDRMを解除することで売り上げを伸ばしている企業もあります。ユーザーの利便性を考えると当然でしょう。
DRMと違法アップロード
ある映画監督は、自分の映画が動画サイトにアップロードされてないかをチェックしているそうです。
使い勝手の良いデジタル著作権管理を
昨今、音楽や映像などのメディアがデジタル化され、不正コピーなどによる著作権侵害が問題になっています。
DRM(デジタル著作権管理)解除も、企業利益に関係すること
DRM(デジタル著作権管理)も、企業利益に関係すること
DRMを維持することは、将来不可能となると思います。
DRMを維持することは、将来不可能となると思います。
DRMは必ずしも安全とは言えない
しかしDRM自体も確実に保護できると言うことはありません。色んな手段によって破ることが出来るので、確実な安心を保障しているわけではないのです。
DRM(デジタル著作権管理)とは
DRMの技術を例えると、鍵(ソフトウェア)と鍵穴(デジタルコンテンツ)の関係のような物です。