SIMフリーのタブレットを購入するメリット

SIMフリーのタブレットを購入するメリット

手軽にインターネットを閲覧したり、文章の編集や画像編集ができるタブレット端末が人気です。

 

パソコンとは異なり、手軽に持ち運びができるのも魅力です。

 

タブレット端末には、無線LAN環境でのみ利用できるWi-FiタイプとSIMスロットを搭載したタイプがあります。

携帯電話キャリアは自社の回線使用してモバイル接続ができる製品を販売していますが、SIMロックされているため、他社のSIMカードや格安SIMを利用したモバイル接続はできません。

 

そのためSIMを自由に選択できるSIMフリータブレットに注目が集まっています。

MVNO事業者の格安SIMが利用できる

SIMフリータブレットを購入するメリットとして、回線事業者を選択できるという点があります。

 

MVNO事業者が提供する格安SIMを利用すれば月額1000円程度で外出先でもインターネット接続が可能になり、メールの送受信だけでなくインターネットの閲覧やSNSの利用ができます。

 

容量の多いLTE回線のプランを契約すれば、動画などの視聴もストレスなく利用できます。

 

スマートフォンよりも画面が大きいため、文書編集も容易にでき、ビジネス用途としても利用価値が高いのが特徴です。

 

SIMフリータブレットの別のメリットは海外でも利用できるという点です。

 

海外出張や旅行の際に、渡航先の携帯電話事業者のSIMを購入し、SIMスロットに挿入すればインターネットがすぐに利用できます。

 

メールの送受信ができるため、ビジネスチャンスを逃す心配はありませんし、旅行中に家族とメールで連絡を取るのにも便利です。

 

旅行先の情報収集を行う場合にも便利に活用できます。

 

SIMフリータブレットなら、バスや鉄道での移動中でもインターネットに接続できるため、旅行プランを立てるのにも重宝します。

 

SIMフリータブレットは家電量販店やAmazonで購入できます。

 

携帯電話キャリアが販売するタブレットについては、NTTドコモであればSIMロック解除が可能です。

SIMフリーのタブレットを購入するメリット関連ページ

メリット
SIMフリー端末なら携帯電話会社を変更しても使い慣れた端末をそのまま利用できるというメリットがありますし、新たに購入して無駄な出費を増やす心配もありません。
ガラケーをSIMフリー化するメリット
スマートフォンのような機能はありませんが、通話がメインという方であればSIMフリーのガラケーを利用する価値は高いと言えます。
モバイルルーターを利用するメリット
SIMフリーのモバイルルーターなら、利用価値が高くしかも格安な料金でネット環境が構築できるというメリットがあります。
デメリット
SIMフリー端末を購入するデメリットについてまとめてみました。