そもそもスマホのアプリって何?

いまや多くの人が活用しているスマホのアプリですが、そもそもどういう物なのかご存じでしょうか。

アプリとはアプリケーションを略した言葉で、OS上で動くソフトウェアのことを指します。

OSとはオペレーティングシステムのことで、パソコンだとWindowsやMacintoshなどが有名です。

そしてスマホの場合は、AndroidやiOSがこれにあたります。

ほかにもWindows 10 Mobileなどもありますが、このあたりが代表的なものです。

スマホは色々なことに使えるガジェットと言われています。

しかしその色々なことを実現しているのが、アプリなのです。

そもそも電話機能自体も、電話アプリがその機能を提供しています。

インターネットを見る時にはブラウザアプリを使い、メールを使う時はメールアプリです。

このように、スマホのアプリはスマホの機能そのものを支えているソフトウェアなのです。

スマホに求める機能が最低限のもので良いなら、使用するアプリの構成も最低限のもので大丈夫です。

しかしもっと色々な機能を使っていきたいと考えるなら、様々なアプリを試してみてください。

アプリ自体は色々な会社だけではなく個人でも開発が行われており、1つの機能に対しても様々な種類が提供されています。

電話帳アプリだけでもかなりの数があり、カメラアプリも標準のものに比べて、色々なエフェクトなどを適用できるものがあるのです。

しかしアプリも使い方を誤ると、便利なだけではなくトラブルを招く原因にもなります。

むやみやたらにインストールをすると容量を圧迫し、バッテリーを過剰に使用することがあるのです。

悪質な物になるとウイルスが仕込まれているようなアプリもあるので、信頼できるものを選ぶ必要があります。

普段から何気なく使っているものだからこそ、一度しっかりと勉強をしてみてはいかがでしょうか。ス

マホのアプリとはどういうものなのかを理解することで、より深く活用できるようになります。