SIMフリータブレットの種類

SIMフリータブレットの種類

iPadが火付け役となり、タブレットの人気が高まっています。

 

タブレット端末にはiOSお搭載したiPad、Android端末、Windowsタブレットの3種類があります。

 

シェアはAndroidタブレット、iPad、Windowsタブレットの順で、それぞれ異なる特徴があります。

 

SIMフリータブレットを購入する場合、用途を考えてから決定することで、後悔せずに済みます。

 

SIMフリータブレットの種類と、用途についての情報をまとめました。

(1)iPad

タブレット端末の元祖がアップルが製造しているiPadです。

 

利用しやすいインターフェースを搭載しているため、パソコンが苦手な人でも簡単に操作ができるという特徴があります。

 

SIMフリー版のiPadはアップルストアから購入することができ、キャリア版に比べると料金は高めです。

 

iPhoneやマックを利用している人なら、iPadの操作も簡単に感じることでしょう。

(2)Androidタブレット

AndroidタブレットにはSIMフリー版もあります。

 

Googleが販売するNexusシリーズにもシムフリー版があり、格安SIMを使用してネットに接続できるのが魅力です。

 

端末の料金はiPadと比較すると割安で、中国のメーカーが製造販売するものには、1万円を切る端末もあります。

 

安くSIMフリータブレットが欲しい人に向いています。

(3)Windowsタブレット

Windowsタブレットは、パソコンの機能をそのままタブレット上で利用できるため、普段からパソコンを使用している人に向いています。

 

SIMフリーのWindowsタブレットはMicrosoftが販売するSurfaceが代表的ですが、他のPCメーカーもSIMフリーのWindowsタブレットを続々発売しています。

 

ノートパソコンよりも軽く、操作性も快適なため、ノートパソコンからの買替えに向いています。

 

SIMカードを挿せば、外出先でもネットに接続できるのが魅力です。

SIMフリータブレットの種類関連ページ

携帯キャリアの選び方
携帯電話キャリアとの契約を結ぶ場合は、各携帯電話キャリアのメリットを比較することが大切です。
機器だけでは通話やネット接続ができない
スマートフォン初心者が気をつけたい点は、SIMフリー端末単独でインターネットに接続したり、メールの送受信をしたりすることはできないということです。
MVNOを利用して携帯料金を節約できる
毎月の通信費が家計に占める割合が高い場合は、MVNOにすることで大幅に軽減できるため、スマートフォンの利用をあきらめていた人でも、新たにスマートフォンを利用できる可能性が出てきます。
テザリングは可能?
外出先でインターネット接続環境を作るのに便利なのがテザリング機能です。そこでSIMフリーのタブレット端末でもテザリングが可能かどうかについての情報をまとめてみました。
海外で使用する場合の注意点
SIMフリー端末を海外で使用する場合、幾つかの注意点を抑えておく必要があります。
海外版のSIMフリー端末を利用する際の注意点
技適マークは携帯電話やスマートフォンの裏蓋や、端末で自動表示できるものなどがあり、技適マークがないにも関わらず、その端末を国内で利用すると電波法違反の罪に問われます。