SIMフリー端末の基礎知識

SIMフリー端末とは

SIMフリー端末とは

 

SIMフリー端末とは携帯電話会社に関わりなく自由に回線を選択できる端末のことです。

 

これまで携帯電話を利用するためには携帯電話キャリアと呼ばれる携帯電話会社と契約を行う必要がありました。

 

携帯電話会社はSIMカードを発行し、携帯電話端末に装着することで携帯電話機能を利用できるサービスを提供してきました。

 

 

これまでは携帯電話会社ごとに利用できる端末が決まっていたため、それぞれの会社の携帯電話やスマートフォンを相互利用ができませんでした。

 

海外では携帯電話会社をユーザーが自由に選択できるようになっていて、携帯電話やスマートフォンに装着するSIMカードを差し替えて利用できるSIMフリー端末が主流になっています。

 

この流れを受けて登場したのがSIMフリー端末です。

 

選ぶ前に知っておきたい 「格安スマホ」の基本 | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

 

>SIMフリー端末を操作する女性

 

日本の総務省は携帯電話料金を割安にするためSIMフリー端末の普及を目指す努力を払っています。

 

しかしながら現在日本の携帯電話会社が販売しているスマートフォンや携帯電話機にはSIMロックがかけられているため、契約した携帯電話会社の回線以外のキャリアが提供するSIMカードを装着しても通話やインターネット通信はできません。

SIMフリー端末なら自由に携帯電話会社を選択できる

それに対抗する形で登場したのがSIMフリー端末です。

 

SIMフリー端末を購入すると、どこの携帯電話会社であってもSIMカードの認識ができるため、ユーザーが自由に携帯電話会社を選択できます。

 

近年急速に増加しているMVNOと呼ばれる格安携帯電話会社も選択肢に入れられるため、携帯電話料金の節約も可能です。

 

携帯電話キャリアと比較すると月額利用料金を50パーセント以上節約できます。

 

 

海外に頻繁に出かける人なら、渡航先の携帯電話会社が提供するSIMカードを装着することで、電話やインターネットが利用できます。

 

携帯電話会社各社も販売している携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除サービスを提供するようになり、携帯電話会社やMVNO各社との価格競争が進み今後さらに携帯電話料金が割安になるのは確実です。

SIMフリー端末とキャリア端末の違い

SIMフリー端末とキャリア端末の違い

 

携帯電話やスマートフォンにはSIMフリー端末とキャリア端末の2種類があります。

 

両者の違いを理解することで、SIMフリー端末を購入するメリットがわかります。

 

SIMフリー端末とキャリア端末にはアンドロイド端末、iPhone、ガラケーがあります。

 

アンドロイド端末は、機能、見た目ともに同じです。

 

ソニーのXperiaを例にしてみると、SIMフリー端末、キャリア端末ともに外見、使用方法は全く同じです。

 

キャリア端末の場合、ドコモ、ソフトバンク、auが提供するキャリアメールを使用できますが、SIMフリー端末ではキャリアメールは使用できず、Gmailを使用することになります。

 

大きな違いはキャリア端末は他社のSIMカードを利用できない点です。

 

キャリア端末は一定期間使用することで、SIMロック解除を行えます。

 

SIMロック、SIMフリーってナニ?|格安スマホ初めての方へ|QTmobile(QTモバイル)公式サイト

SIMフリーのiPhoneとは

 

iPhoneもアンドロイド同様、外見、機能ともに全く変わりません。

 

携帯電話キャリアが提供するiPhoneはキャリアメールが利用できるため、これまで長年使用してきたメールアドレスをそのまま利用できます。

 

メールアドレスを変えたくないという人は、携帯電話キャリアが提供するiPhoneを使用するメリットが大きいですが、メールアドレスにこだわらないのであれば、SIMフリーのiPhoneを利用するメリットが高いといえます。

 

引用:新しいiPhoneはSIMフリーですか?

オンラインまたはお近くのApple Storeで購入できるiPhoneはすべてSIMフリーなので、お好きな通信キャリアを選べます。

 

SIMフリーのiPhoneは海外でも使用できるだけでなく、捕捉できる電波の周波数が多いため、使用できる国や地域が多いという特徴があります。

 

海外渡航を頻繁にする方であれば、SIMフリーのiPhoneを利用するメリットは大きいです。

 

携帯電話キャリアが提供するiPhoneは日本国内だけでなく海外でのSIMロックされているため、SIMカードを入れ替えて利用することはできません。

 

2015年10月の時点では携帯電話キャリアが提供するiPhoneについてはSIMロックの対象になっていないため、アンドロイド端末のようにSIMロック解除を行って他社のSIMカードを入れることはできません。

SIMフリー端末に適した携帯キャリアの選び方

SIMフリー端末の購入にあわせて考える必要があるのが、携帯電話キャリアの選択です。

 

SIMフリーのメリットは携帯電話事業者をユーザーが自由に選んで契約できることですが、どの携帯電話キャリアを選べば良いのか、選び方に難しさを感じるのも事実です。

 

携帯電話キャリアとの契約を結ぶ場合は、各携帯電話キャリアのメリットを比較することが大切です。

 

携帯電話キャリアで頭に浮かぶのは、ソフトバンク、NTTドコモ、そしてauの3大キャリアです。

 

料金プランはほぼ横並びですが、それぞれ異なる特徴があります。

 

安心感のNTTドコモ

 

NTTドコモを契約するメリットは、回線品質の高さです。

 

携帯電話キャリアの中でもインフラ構築でトップレベルにあるのがNTTドコモです。

 

災害時でも通話品質が保たれ、復旧が早いことでも知られています。

 

安心感で選ぶならNTTドコモに軍配が上がります。

 

料金面での安さならau・ソフトバンク

 

料金面での安さを選ぶなら、auソフトバンクになります。

 

この2社は従来型の料金プランを用意しているため、月額料金が割安になります。

 

両者とも、同じ事業者の携帯電話どうしてあれば無料で通話ができるプランが用意されています。

 

毎月の料金は5000円代~となっています。

 

割安・安定のY!mobile

 

割安かつ回線が安定しているキャリアにY!mobileがあります。

 

Y!mobileはソフトバンクグループですが、ソフトバンクよりも割安な料金プランを提供しています。

 

月額料金は3000円前後からスタートできるのが魅力です。

 

SIMカードの発行のみのプランも選択できるため、SIMフリースマートフォンとの相性が良いことでも知られています。

 

さらに料金を節約したい場合には、格安SIMを選択しましょう。

 

通話と通信を合わせて月額1500円程度からスタートできるプランも選択できます。

 

SIMフリー端末を利用する最大のメリットは通信料金の節約ですから、通信量の節約を目指すなら、迷わずMVNO事業者の格安SIMを選択するのが良いでしょう。

SIMフリー端末の注意点

SIMフリー端末があれば、SIMカードを自由に選択できるため、携帯電話事業者の料金プランやサービスを比較して、自分の気に入ったものを選択できます。

 

格安SIMを契約して、毎月の携帯電話料金を節約できるため、何かとメリットが大きいのがSIMフリー端末の特徴です。

 

スマートフォンを利用したことがない人の中には、SIMフリー端末について勘違いしている人もいます。

 

SIMフリー端末だけでは通話やネット接続ができない

 

勘違いのひとつに、SIMフリー端末を購入すれば無料でインターネットに自動で接続できるというものがあります。

 

SIMフリー端末の意味をよく知らずに端末を購入したものの、インターネットに接続できないと言った相談が時折携帯電話事業者に寄せられます。

 

スマートフォン初心者が気をつけたい点は、SIMフリー端末単独でインターネットに接続したり、メールの送受信をしたりすることはできないということです。

 

これまでは携帯電話会社のキャリアショップで手続きを行うのが普通でしたから、SIMフリー端末についても、特に自分で操作しなくても大丈夫だと勘違いしているのかもしれません。

 

携帯電話事業者と契約する必要がある

 

SIMフリー端末を購入し、ネットに接続したり、通話をしたりするためには携帯電話事業者と契約する必要があります。

 

携帯電話事業者と契約を済ませると、SIMカードが発行され、SIMカードをSIMフリー端末のSIMカードスロットに挿入することで、インターネット通信や通話ができるようになります。

 

回線設定をしなければ、ネット接続ができない場合があるため、APN等の設定を自分で行う必要があります。

 

もしこれからSIMフリー端末の購入を考えている場合は、前述の点を踏まえてから購入することをお勧めします。

 

SIMフリー端末の設定はそれほど難しくはありませんが、初期設定をする必要がありますので、設定などに自信がない人は、有料のサポートサービスを活用するか携帯電話キャリアの販売するスマートフォンなどを利用すると良いでしょう。

 

引用:SIMフリー端末と白ロムは違いますか?

昨今では「白ロム」を「SIMカードの入ってない端末」のような使い方をしています。
ですが本来白ロムとは、今のようなSIMカードを使用しない時代の携帯電話では、端末自信に携帯番号を書き込んでいました。
端末に番号が書き込まれた状態を黒ロムと言い、番号を書き込まれてない端末や番号を消した端末を白ロムと言います。
SIMフリーとは、最初からキャリアのSIMロックがされていない端末のことを指します。
全くの別物です。

SIMフリー端末でテザリングは可能?

キャリア版のiPadやAndroid端末には、タブレットをルーター代わりに利用できるテザリング機能が付いています。

 

テザリング機能を活用すれば、パソコンやスマートフォンからもタブレット端末を介してインターネットにアクセスできます。

 

外出先でインターネット接続環境を作るのに便利なのがテザリング機能です。

 

そこでSIMフリーのタブレット端末でもテザリングが可能かどうかについての情報をまとめてみました。

 

携帯電話キャリアのSIMならテザリング可能

 

携帯電話キャリアが提供するSIMカードを挿入してネットに接続する場合、SIMフリータブレットでもテザリングが利用できます。

 

テザリングを利用する場合、iPadは設定の項目にあるインターネット共有、Android端末も設定の項目からインターネット共有を選択して、チェックを入れるだけです。

 

接続している場合、iPadは接続中のサインが表示されるため、テザリングが成功しているかどうかを確認できます。

 

なおキャリアによってテザリングは有料のところもあります。

 

格安SIMを利用する場合

 

格安SIMを利用する場合、テザリングが利用できるものとそうでないものがあります。

 

テザリングが利用できるのはNTTドコモの回線を利用したMVNO事業者の格安SIMです。

 

NTTドコモの回線を利用した格安SIMは、NTTドコモが販売するタブレット端末でもSIMロック解除をせずに利用できます。

 

テザリングが利用できるかどうかについては、各MVNO事業者のホームページで確認してください。

 

海外で利用する場合

 

海外でSIMカードを契約した場合、iPadであればテザリングが可能です。

 

Android端末については、メーカーごとの相性があるため、テザリングが利用できないこともあります。

 

インターネット上では、テザリングが利用できた事例が紹介されていますので、渡航先の携帯電話会社のSIMカードでテザリングが利用できるかを調べておくと良いでしょう。

SIMフリータブレットの種類

iPadが火付け役となり、タブレットの人気が高まっています。

 

タブレット端末にはiOSお搭載したiPad、Android端末、Windowsタブレットの3種類があります。

 

シェアはAndroidタブレット、iPad、Windowsタブレットの順で、それぞれ異なる特徴があります。

 

SIMフリータブレットを購入する場合、用途を考えてから決定することで、後悔せずに済みます。

 

SIMフリータブレットの種類と、用途についての情報をまとめました。

 

iPad

 

タブレット端末の元祖がアップルが製造しているiPadです。

 

利用しやすいインターフェースを搭載しているため、パソコンが苦手な人でも簡単に操作ができるという特徴があります。

 

SIMフリー版のiPadはアップルストアから購入することができ、キャリア版に比べると料金は高めです。

 

iPhoneやマックを利用している人なら、iPadの操作も簡単に感じることでしょう。

 

Androidタブレット

 

AndroidタブレットにはSIMフリー版もあります。

 

Googleが販売するNexusシリーズにもシムフリー版があり、格安SIMを使用してネットに接続できるのが魅力です。

 

端末の料金はiPadと比較すると割安で、中国のメーカーが製造販売するものには、1万円を切る端末もあります。

 

安くSIMフリータブレットが欲しい人に向いています。

 

Windowsタブレット

 

Windowsタブレットは、パソコンの機能をそのままタブレット上で利用できるため、普段からパソコンを使用している人に向いています。

 

SIMフリーのWindowsタブレットはMicrosoftが販売するSurfaceが代表的ですが、他のPCメーカーもSIMフリーのWindowsタブレットを続々発売しています。

 

ノートパソコンよりも軽く、操作性も快適なため、ノートパソコンからの買替えに向いています。

 

SIMカードを挿せば、外出先でもネットに接続できるのが魅力です。

SIMフリー端末を購入するメリット・デメリット

新聞やネットで格安SIMという言葉をよく見かけるようになりました。

 

格安SIMというのはMVNO事業者が販売するSIMカードの総称です。

 

MVNO事業者とは携帯電話会社の回線を借りてデータ通信や通話サービスを提供する事業者のことを指します。

 

携帯電話キャリアと比較すると、月額料金を大幅に節約できるというメリットがあります。

 

格安SIMを利用するためには、SIMフリー端末か、MVNO事業者が利用する回線事業者に対応した端末を購入する必要があります。

 

SIMフリー端末を購入することで、格安SIMが利用できます。

 

SIMフリー端末を購入するメリット

 

格安SIMを利用することで費用を大幅に節約できる

 

格安SIMにすることで費用をどれくらい節約できるかというと、携帯電話キャリアの月額利用料の平均が7000円~10000円と言われていますが、格安SIMの場合、通話料金込みで毎月の料金が2000円程度から選べるため、大幅な節約が可能になることが分かります。

 

データ通信のみであれば500円以下でスタートできるものもあります。

 

携帯電話の年間のトータルコストは10万円前後だったものが数万円も節約できる計算になります。

 

コストを抑えられるため、新たにSIMフリー端末を購入してもその分の費用は浮いた分で十分まかなえるのです。

 

SIMフリー端末ならどの携帯電話事業者が提供する回線でも利用が可能ですから、今後さらに新規事業者が増加して競争が激しくなった場合に、より安い事業者に乗り換えられるというメリットがあります。

 

しかも格安SIMの場合、解約違約金がかからない事業者も登場していますので、携帯電話キャリアのように1万円近い違約金を余計に支払う必要もありません。

 

しかも一度購入したSIMフリー端末をずっと利用できるため、端末自体にかけるコストも節約できます。

 

毎月の通信費が家計に占める割合が高い場合は、MVNOにすることで大幅に軽減できるため、スマートフォンの利用をあきらめていた人でも、新たにスマートフォンを利用できる可能性が出てきます。

 

携帯電話会社に縛られない

 

SIMフリー端末を購入するメリットとして、携帯電話会社を自由に選べるという点があります。

 

これまではスマートフォンを購入しても他社のSIMカードが利用できなかったため、携帯電話会社を乗り換える場合にはこれまで利用してきた端末は使えませんでした。

 

中古端末買取ショップやヤフオクなどで売却することで有効活用できますが、愛着があって端末を買替えたくないという希望にはこたえられないのが実情でした。

 

SIMフリー端末なら携帯電話会社を変更しても使い慣れた端末をそのまま利用できるというメリットがありますし、新たに購入して無駄な出費を増やす心配もありません。

 

他の携帯電話会社の料金プランやサービスを選べるのもSIMフリー端末の魅力です。

 

MVNOを利用できる

 

別のメリットはMVNOが提供する格安データ通信が利用できることです。

 

MVNOに移行することで、毎月の携帯電話料金を大幅に安く抑えられます。

 

MVNO事業者の大半はドコモの回線を利用しているため、カバーエリアが広く回線品質が安定しているという特徴もあります。

 

毎月の通信量は携帯電話キャリアの半額以下に抑えられるケースもあるため、通信費を節約したい人にはお勧めです。

 

月額使用料は500円以下から始められるものもあるため、ライフスタイルに合わせた選択が可能です。

 

海外で利用できる

 

海外でも利用できるというメリットもあります。

 

海外出張や旅行の際にSIMフリー端末があれば現地の携帯電話会社が提供するSIMカードを挿入してデータ通信などのサービスを利用できます。

 

ネットで現地の情報を収集したり、地図アプリを利用したり、メールやラインなどで友人と連絡を取り合ったりできるので、とても便利です。

 

携帯電話会社が提供する海外ローミングサービスと比較しても、費用をかなり抑えられるため、メリットは非常に高くなります。

 

スマートフォンをルーター代わりに利用して、パソコンのデータ通信も行えるため、ビジネスマンは重宝します。

 

SIMフリー端末を購入するデメリット

 

格安なMVNOのSIMが利用できたり、海外のSIMを使用できたりと何かと便利なSIMフリー端末ですが、メリットだけでなくデメリットについても知っておくことは大切です。

 

SIMフリー端末は利用目的があらかじめ定まっている人には便利な端末ですが、利用目的がなく購入してしまうと損をすることもあるからです。

 

デメリットを理解してから購入すれば、後になってから後悔する心配が少なくなります。

 

SIMフリー端末を購入するデメリットについてまとめてみました。

 

価格が高い

 

SIMフリー端末のデメリットのひとつは販売価格が高額であるという点です。

 

アップルストアで販売されているSIMフリーのiPhoneは携帯電話事業者から購入する場合と比較すると値段が高いのが難点です。

 

携帯電話会社が販売する端末が安くなる理由は、契約者を増やすためにキャリア側がさまざまなキャンペーンなどの施策をしているためです。

 

SIMフリー端末を安く購入したいと思う場合は、iPhoneではなくAndroid端末を選択すると良いでしょう。

 

Android端末によっては価格が1万円を切るものも登場しています。

 

注意点は捕捉できる周波数が限られていることです。

 

iPhoneが人気なのは捕捉できる周波数が多いからです。

 

設定が面倒

 

SIMフリー端末は自動的にSIMカードを認識できないため、設定が面倒というデメリットがあります。

 

ドコモ回線を利用したMVNOのSIMカードであれば、ドコモのスマートフォンに挿入するだけですぐに使用できるものもありますが、それでもいくつかの設定は自分で行う必要があります。

 

キャリア端末はキャリアショップで設定を無料でしてもらえますし、SIMカードを挿入するだけですぐに設定が完了するものもあります。

 

SIMフリー端末を海外で使用する場合は、海外の携帯電話事業者の設定を行う必要があるため、操作が面倒に感じるかもしれません。

 

設定方法が分からない人には不向きです。

SIMフリー端末の購入方法

SIMフリー端末を購入して携帯電話料金を節約したいと考えている人が急増しています。

 

SIMフリー端末とは各携帯電話会社が提供するSIMカードを認識できる端末で、ユーザーが携帯電話会社を選ぶことができます。

 

SIMフリー端末を購入する場合、どこで購入すればよいか分からないという人も少なくありません。

 

SIMフリー端末を購入する方法はいくつかありますので、それぞれをまとめてみました。

 

amazonで購入する

 

SIMフリー端末を割安に購入できるのがamazonです。

 

amazonでは日本国内外のメーカーが販売しているSIMフリー端末を販売しています。

 

アンドロイド端末、iphone、windowsphoneなどのSIMフリー端末が購入できます。

 

インターネットに接続したパソコンやスマートフォンから注文ができるのでとても便利です。

 

amazonでSIMフリー端末を購入する場合は、ユーザー評価を確認してから購入するようにしましょう。

 

Applestoreで購入する

 

SIMフリー端末の代表格がiPhoneです。

 

iPhoneはNTTドコモ、ソフトバンク、auの携帯電話会社各キャリアが販売していますが、キャリアが販売しているiPhoneの場合にはSIMロックがかけられているため、他社のSIMカードは使用できません。

 

SIMフリーのiPhoneを購入するにはApplestoreが便利です。

 

希望する機種や容量を選択して注文すれば自宅に発送されます。

 

家電量販店で購入する

 

SIMフリー端末の販売を強化しているのが家電量販店です。

 

現在各家電量販店ではSIMフリー端末を数多く販売しています。

 

主にアンドロイド端末が主流で価格帯も1万円台からとリーズナブルです。

 

MVNOのSIMカードとセットで格安で販売されていることもあるのがポイントです。

 

ヤフオクで落札する

 

ヤフオクでは中古品から新品まで多種多様なSIMフリー端末が出品されています。

 

うまく入札すれば格安でSIMフリー端末を手に入れられます。

 

注意点は中古品の場合補償がないことです。

 

購入前に出品者に質問をしてよく確かめてから入札すると良いでしょう。

 

 

SIM(シム)フリーのスマホを説明してみます。

 

■当サイトに関する注意事項
当サイトの記事に掲載されている情報につきましては、細心の注意を払って提供するよう努めております。ただし、業者が提供するサービスや法律の変更などにより、掲載されている情報と異なる場合があります。そのため、お申し込みの際はご自身の判断でお願いいたします。
当サイトのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。