中古のSIMフリー端末は大丈夫?

中古のSIMフリー端末は大丈夫?

中古のSIMフリー端末なら手頃な価格で手に入るものが多く、格安SIMの入門機としても利用できるというメリットがあります。

 

中古のSIMフリー端末を購入する場合、本当に安心して使えるのかといった心配があります。

 

中古のSIMフリー端末を購入する場合に注意したい点を抑えておけば、安心して利用できます。

 

中古のSIMフリー端末を購入する場合の注意点をまとめてみました。

(1)状態を確認する

できれば実機を手にとって状態を確認するのが無難です。

 

ヤフオクやAmazonのマーケットプレイスでは実機を確認できないため、画像などで判断する必要があります。

 

中古の携帯電話ショップやハードオフなどでは実機を手にとって見ることができるので、動作状況などを確認できます。

 

中古のSIMフリー端末を購入する場合、不安を少しでも解消したい場合は実機が確認できる店舗での購入を検討してください。

(2)初期化されているかを確認する

中古のiPhoneやAndroid端末を購入する場合、初期化が確実にされているかを確認してください。

 

ヤフオクで中古のSIMフリー端末を購入する場合、ありがちなのが初期化のし忘れです。

 

iPhoneはiPhoneを探すという機能をオフにしておかないと、アクティベーションができなくなってしまうトラブルに見舞われるため、出品者に必ず確認しておきましょう。

(3)返金保証があるかを確認する

中古のSIMフリー端末を購入する場合、返金保証があるかどうかを確認してください。

 

店舗によって初期不良に限り返金を保証するところや、3カ月、半年などの保証期間を設けている場合もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

中古品によってジャンク品と表示されているものもあります。

 

ジャンク品は保証対象外になっているものがほとんどで、動作未確認のものも少なくありません。

 

購入する場合には、十分注意してください。

 

SIMフリー端末かどうかを店員に確かめておくことも大切です。

中古のSIMフリー端末は大丈夫?関連ページ

どこで購入できるか
SIMフリー端末を購入する方法はいくつかありますので、それぞれをまとめてみました。
いくらで手に入るの?
SIMフリー端末を購入する際には、ある程度予算を決めておき、予算の範囲内で購入できる端末を探すようにするのがお勧めです。
安く購入するには
安くSIMフリー端末を手に入れる方法があればぜひそうしたいという人も多いのではないでしょうか。安くSIMフリー端末を購入する方法とその際の注意点をまとめてみました。
E-mobileのモバイルルーター
E-mobileのモバイルルーターは現在は販売されていないため、中古品のみになりますが、割安な価格で手に入るものが多く、格安SIMを利用したネット接続の入門機として活用する方法もアリです。
キャリア版iPad
渡航先でiPadにSIMカードを挿入して利用を開始するためには、APN設定などが必要になりますが、渡航先のSIMカードを挿入して、ネットに接続することが可能なのです。