SIMフリーならMVNOを利用して携帯料金を節約できる

SIMフリーならMVNOを利用して携帯料金を節約できる

新聞やネットで格安SIMという言葉をよく見かけるようになりました。

 

格安SIMというのはMVNO事業者が販売するSIMカードの総称です。

 

MVNO事業者とは携帯電話会社の回線を借りてデータ通信や通話サービスを提供する事業者のことを指します。

携帯電話キャリアと比較すると、月額料金を大幅に節約できるというメリットがあります。

 

格安SIMを利用するためには、SIMフリー端末か、MVNO事業者が利用する回線事業者に対応した端末を購入する必要があります。

 

SIMフリー端末を購入することで、格安SIMが利用できます。

格安SIMでどれくらい節約できるか

格安SIMにすることで費用をどれくらい節約できるかというと、携帯電話キャリアの月額利用料の平均が7000円~10000円と言われていますが、格安SIMの場合、通話料金込みで毎月の料金が2000円程度から選べるため、大幅な節約が可能になることが分かります。

 

データ通信のみであれば500円以下でスタートできるものもあります。

 

携帯電話の年間のトータルコストは10万円前後だったものが数万円も節約できる計算になります。

 

コストを抑えられるため、新たにSIMフリー端末を購入してもその分の費用は浮いた分で十分まかなえるのです。

 

SIMフリー端末ならどの携帯電話事業者が提供する回線でも利用が可能ですから、今後さらに新規事業者が増加して競争が激しくなった場合に、より安い事業者に乗り換えられるというメリットがあります。

 

しかも格安SIMの場合、解約違約金がかからない事業者も登場していますので、携帯電話キャリアのように1万円近い違約金を余計に支払う必要もありません。

 

しかも一度購入したSIMフリー端末をずっと利用できるため、端末自体にかけるコストも節約できます。

 

毎月の通信費が家計に占める割合が高い場合は、MVNOにすることで大幅に軽減できるため、スマートフォンの利用をあきらめていた人でも、新たにスマートフォンを利用できる可能性が出てきます。

SIMフリーならMVNOを利用して携帯料金を節約できる関連ページ

携帯キャリアの選び方
携帯電話キャリアとの契約を結ぶ場合は、各携帯電話キャリアのメリットを比較することが大切です。
機器だけでは通話やネット接続ができない
スマートフォン初心者が気をつけたい点は、SIMフリー端末単独でインターネットに接続したり、メールの送受信をしたりすることはできないということです。
テザリングは可能?
外出先でインターネット接続環境を作るのに便利なのがテザリング機能です。そこでSIMフリーのタブレット端末でもテザリングが可能かどうかについての情報をまとめてみました。
タブレットの種類
SIMフリータブレットを購入する場合、用途を考えてから決定することで、後悔せずに済みます。SIMフリータブレットの種類と、用途についての情報をまとめました。
海外で使用する場合の注意点
SIMフリー端末を海外で使用する場合、幾つかの注意点を抑えておく必要があります。
海外版のSIMフリー端末を利用する際の注意点
技適マークは携帯電話やスマートフォンの裏蓋や、端末で自動表示できるものなどがあり、技適マークがないにも関わらず、その端末を国内で利用すると電波法違反の罪に問われます。