DRMは必ずしも安全とは言えない

DRMは必ずしも安全とは言えない

DRMを組み込むことによって、デジタル商品の著作権を守ることが出来ます。

 

しかしDRM自体も確実に保護できると言うことはありません。

 

色んな手段によって破ることが出来るので、確実な安心を保障しているわけではないのです。

クラックと呼ばれる方法を利用することで、DRMを破ることが出来ます。

 

基本的にはプログラムでDRMを回避する方法です。

 

DRM自体はプログラムで構成されているので、そのプログラムを適応できなくするように設定すると、全く効果がありません。

 

一時期これが原因でDRMの効果が全く無かった時もありました。

 

今でもDRMを回避する方法が幾つかあり、それを適応するとコピーが可能となります。

 

DRM製品には再生時期が限られているものが多く、一定期間を超えても再生可能とするために、わざと回避プログラムを利用している人もいます。

 

こうしたことから、DRMはさらに複雑な方法を取り、回避不能の対策を取っています。

 

いたちごっこと言われても仕方ありませんが、こうでもしなければコピー流出が増え続けてしまいます。

 

年々複雑化されたDRMは、現在回避困難となりつつあります。

DRMは必ずしも安全とは言えない関連ページ

レコード会社はDRM廃止の動き
エイベックスなどレコード各社にDRM廃止の動きが見え始めましたが、その理由は?
サポートセンターへの質問
ムービーグラバーに違法性は無いのか?サポートセンターに問い合わせてみました。
DRMの今後の課題
DRMが抱える問題と今後の課題
DRMのメリット
DRMを導入するメリットとは?
動画サイトで繰り広げられる争い
動画サイトの戦いはシェアだけではありません。動画のファイル規格争いも熾烈です。
色々なファイル形式
ネット上で公開されている物でいえば、Swf形式が一番多いと思います。
インターネット動画共有サイトと知的財産
昨今急速に普及している動画共有サイト。サイトの仕組み上必ず噴出する問題点とは?
DRMについての意見
最も身近なDRMであるDVDなどのコピーガード。消費者の利便性向上を目的に、ダビング10のように規制が緩和されるケースもあります。
DRMにおけるデメリット
動画にDRMの技術を用いるには、「認証キー」の管理などのコストもかかります。
DRMとその問題点について
SteamのようにDRMを解除することで売り上げを伸ばしている企業もあります。ユーザーの利便性を考えると当然でしょう。
DRMと違法アップロード
ある映画監督は、自分の映画が動画サイトにアップロードされてないかをチェックしているそうです。
使い勝手の良いデジタル著作権管理を
昨今、音楽や映像などのメディアがデジタル化され、不正コピーなどによる著作権侵害が問題になっています。
DRM(デジタル著作権管理)解除も、企業利益に関係すること
DRM(デジタル著作権管理)も、企業利益に関係すること
DRMを維持することは、将来不可能となると思います。
DRMを維持することは、将来不可能となると思います。
DRM(デジタル著作権管理)とは
DRMの技術を例えると、鍵(ソフトウェア)と鍵穴(デジタルコンテンツ)の関係のような物です。