SIMフリー端末を海外で使用する場合の注意点

SIMフリー端末を海外で使用する場合の注意点

SIMフリー端末は海外の携帯電話事業者が提供するSIMカードを使って通話やデータ通信を利用できます。

 

海外出張や旅行の多い方にとってSIMフリー端末のメリットは高く、一度使ったら手放せないと感じている人も少なくありません。

 

SIMフリー端末を海外で使用する場合、幾つかの注意点を抑えておく必要があります。

(1)日本で使用しているSIMカードを抜いておく

NTTドコモなどの携帯電話会社のSIMカードは抜いておくことをお勧めします。

 

国内の携帯電話事業者は国際ローミングサービスを提供しているため、海外に行くと自動的にその地域の携帯電話事業者に接続し、通信を始めることがあります。

 

国際ローミングサービスは高額なので思わぬ出費につながり兼ねません。

 

日本を出国する際にはSIMカードを抜いておきましょう。

 

取り外したSIMカードはなくなさいようにしてください。

(2)対応する電波を確認する

海外の携帯電話事業者が利用している電波の周波数には日本とは異なる方式があります。

 

そのため、日本で使えたスマートフォンが海外では利用できない場合があります。

 

SIMフリー端末によって、利用できる周波数帯が異なるため、海外で利用したいと思ってもそれができない場合もあります。

 

あらかじめ渡航先の携帯電話事業者の周波数帯を調べておき、SIMフリー端末が対応しているかを確認しておきましょう。

(3)SIMカードの形状に注意

SIMカードには標準、ミニ、ナノといった種類が有り、SIMフリー端末によって装着可能なSIMカードの形状が異なります。

 

Android端末の多くはミニSIMを採用しているものが多く、iPhoneはナノSIMです。ナノSIMは最も小さいSIMカードで、他のSIMスロットに差し込むことはできません。

 

端末のSIMスロットの形状が分からない場合には、現地の携帯電話事業者のショップ窓口で確認してもらうのがベストです。

 

それに合わせた形状のSIMカードを発行してもらえます。

SIMフリー端末を海外で使用する場合の注意点関連ページ

携帯キャリアの選び方
携帯電話キャリアとの契約を結ぶ場合は、各携帯電話キャリアのメリットを比較することが大切です。
機器だけでは通話やネット接続ができない
スマートフォン初心者が気をつけたい点は、SIMフリー端末単独でインターネットに接続したり、メールの送受信をしたりすることはできないということです。
MVNOを利用して携帯料金を節約できる
毎月の通信費が家計に占める割合が高い場合は、MVNOにすることで大幅に軽減できるため、スマートフォンの利用をあきらめていた人でも、新たにスマートフォンを利用できる可能性が出てきます。
テザリングは可能?
外出先でインターネット接続環境を作るのに便利なのがテザリング機能です。そこでSIMフリーのタブレット端末でもテザリングが可能かどうかについての情報をまとめてみました。
タブレットの種類
SIMフリータブレットを購入する場合、用途を考えてから決定することで、後悔せずに済みます。SIMフリータブレットの種類と、用途についての情報をまとめました。
海外版のSIMフリー端末を利用する際の注意点
技適マークは携帯電話やスマートフォンの裏蓋や、端末で自動表示できるものなどがあり、技適マークがないにも関わらず、その端末を国内で利用すると電波法違反の罪に問われます。