iPhoneはSIMフリー化できるか

iPhoneはSIMフリー化できるか

アップルがSIMフリーのiPhoneを発売してから、SIMフリーiPhoneに注目が集まるようになりました。

 

現在iPhoneを購入する方法は、NTTドコモ、ソフトバンク、auといった携帯電話キャリアからの購入とAppleが販売するSIMフリーのiPhoneを購入する方法に分かれます。

SIMロックがかかっているiPhoneをSIMフリーの状態にする方法があるのか、その情報をまとめてみました。

(1)SIMフリーiPhoneに買い替える

確実にSIMフリー化する方法はSIMフリーiPhoneに買い替えることです。

 

携帯電話キャリアから割賦契約で購入している場合、残債の支払いが残っている場合は残債を支払う必要があります。

 

残債を支払う場合、高く付くと思われがちですが、月月割などの割引プランを契約していると、毎月の携帯電話料金からその分が割り引かれるため携帯電話料金を節約できます。

 

残債を支払った後、これまで使っていたiPhoneを中古携帯電話買取業者に売却すれば、残債の支払額を抑えられます。

(2)携帯電話会社のSIMロック解除サービスを利用する

iPhone6sは今後携帯電話会社の提供するSIMロック解除サービスの対象になります。

 

条件はiPhone6s購入後、最低半年が経過していることです。

 

iPhone6sより前に販売されたiPhone6、iPhone5sなどの端末はSIMフリー化はできません。

 

今後SIMロック解除サービスが提供されるかは不透明なため、待ち続けるとなるとかなりの期間我慢しなければならなくなります。

 

いったんiPhone6sに機種変更してその後SIMロックを解除すると良いでしょう。

(3)ファクトリーアンロックサービスを利用する

ファクトリーアンロックとは、SIMロックを制御しているコンピューターシステムのデータを初期化してSIMフリー化するサービスです。

 

海外に拠点を置く業者が提供しているサービスで、料金は高めですが携帯電話キャリアが提供するiPhoneのSIMフリー化をするのに便利です。

 

携帯電話キャリアのSIMロック解除サービスが始まるまで待てない場合は選択の余地があります。

iPhoneはSIMフリー化できるか関連ページ

iPhone4s
iPhone4sのSIMフリー化には市販化されているSIMロック解除アダプターが必要です。SIMロック解除アダプターは通称「ゲタ」とも言われています。
iPhone5s
iPhone5sのSIMフリー版があればそれに乗り換えたいという人もいることでしょう。SIMフリー版のiPhone5sを手に入れるための方法をまとめてみました。
iPhone6のファクトリーアンロックサービスとは
ファクトリーアンロックサービスとは、iPhoneのSIMロックを制御しているコンピューターの情報を初期化して、SIMフリー化するサービスのことです。用意するのは現在使用しているiPhone6の製造番号(IMEI)とシリアル番号です。
iPhone6sはキャリア版、SIMフリー版のどちらを買うべきか
携帯電話料金を抑えたい人や海外で頻繁に使用する人などはSIMフリー版のiPhone6sを購入するメリットが高くなります。安くiPhone6sを手に入れたい場合は、キャリア版を購入する方が安く済みます。