iPhone6sはキャリア版、SIMフリー版のどちらを買うべきか

iPhone6sはキャリア版、SIMフリー版のどちらを買うべきか

iPhone6sにはNTTドコモ、ソフトバンク、auの携帯電話事業者3社が販売するキャリア版とアップルが直販で取り扱っているSIMフリー版の2種類があります。

 

どちらを購入すれば良いか迷っている人もいることでしょう。

 

どちらを買うべきかは、用途や目的によって異なります。

格安SIMを利用して携帯電話料金を抑えたい人や海外で頻繁に使用する人などはSIMフリー版のiPhone6sを購入するメリットが高くなります。

 

安くiPhone6sを手に入れたい場合は、キャリア版を購入する方が安く済みます。

 

携帯電話会社はユーザーが購入しやすいように、iPhone6sを分割で購入できるプログラムを実施しています。

 

加えて毎月の携帯電話料金から分割代金の全額もしくは一部を割り引く割引サービスを提供しています。

 

さらにこれまで使用していたiPhoneやAndroid端末を下取り、毎月の携帯電話料金に下取り額を充当したり、本体価格から値引きしたりするキャンペーンも実施しています。

 

そのため、実質無料で購入できるのが魅力です。

SIMフリー版iPhone6sのメリット

SIMフリーiPhoneは、携帯電話会社が提供する割引プログラムが適用されないため、その分端末代金が割高に感じられます。

 

格安SIMを利用する場合は話が違ってきます。

 

毎月の携帯電話料金が半額以下に抑えられるなら、SIMフリー版のiPhone6sを購入しても実質の支払い額は携帯電話会社から購入した場合によりも割安になることもあります。

 

それで両者を比較して、割安なものを選ぶと良いでしょう。

 

SIMフリーなら携帯電話会社の2年縛りなどの影響を受けずに格安SIMを利用できるため、実質的なコスト削減に貢献してくれます。

 

海外で利用する場合はSIMフリーのiPhone6sに軍配が上がります。

 

世界中の多くのネットワークに接続できるだけでなく、現地の割安なSIMカードが利用できるからです。

 

まとめてみると、国内で割安に端末を購入したい場合はキャリア版、海外での利用や格安SIMの利用を考えている場合はSIMフリー版ということになります。

iPhone6sはキャリア版、SIMフリー版のどちらを買うべきか関連ページ

iPhone
SIMロックがかかっているiPhoneをSIMフリーの状態にする方法があるのか、その情報をまとめてみました。
iPhone4s
iPhone4sのSIMフリー化には市販化されているSIMロック解除アダプターが必要です。SIMロック解除アダプターは通称「ゲタ」とも言われています。
iPhone5s
iPhone5sのSIMフリー版があればそれに乗り換えたいという人もいることでしょう。SIMフリー版のiPhone5sを手に入れるための方法をまとめてみました。
iPhone6のファクトリーアンロックサービスとは
ファクトリーアンロックサービスとは、iPhoneのSIMロックを制御しているコンピューターの情報を初期化して、SIMフリー化するサービスのことです。用意するのは現在使用しているiPhone6の製造番号(IMEI)とシリアル番号です。