キャリア版iPadは海外SIMフリーだった

キャリア版iPadは海外SIMフリーだった

ソフトバンク、NTTドコモ、そしてauが販売するiPadはキャリア版と呼ばれています。

 

キャリア版のiPadはSIMロックが掛けられているため、他社のSIMカードを挿入してのネット接続はできません。

 

もしMVNOの格安SIMや他社のSIMカードを利用したい場合には、SIMフリーのiPadを購入する必要があります。

 

スマートフォンの場合、日本だけでなく海外でもSIMロックがかかっているため、海外でネットに接続するにはSIMフリー端末を別に用意する必要がありますが、iPadについては事情が異なります。

 

キャリア版のiPadは日本国内では特定のSIMしか認識できないようにするために、SIMロックが掛けられています。

 

しかしiPadに限り、SIMロックは国内のみで海外ではSIMフリーに自動的に変わります。

 

渡航先でiPadにSIMカードを挿入して利用を開始するためには、APN設定などが必要になりますが、渡航先のSIMカードを挿入して、ネットに接続することが可能なのです。

iPadの魅力

日本国内でのみSIMロックが掛けられている端末は今のところキャリア版のiPadのみで、iPhoneは対象外です。

 

海外でネットに接続したい場合には、キャリア版のiPadを持って行くことで簡単に接続できるため、とても便利です。

 

しかもテザリングもできるため、利用価値は高いと言えます。

 

海外でスマートフォンやパソコンをネットに接続したい場合には、SIMフリーのモバイルルーターがなくても、キャリア版のiPadがあれば安心して接続できます。

 

iPadは対応している周波数帯が多いため、認識できるSIMカードの数も多く、最強のSIMフリー端末のひとつに数えられています。

 

ここで紹介したのは海外での利用についてですが、国内ではSIMロックがかかっているため、格安SIMを利用する場合は、SIMロック解除が必要です。

 

ちなみに2015年10月の時点でSIMロック解除の対象になっているのはiPadmini4のみです。

キャリア版iPadは海外SIMフリーだった関連ページ

どこで購入できるか
SIMフリー端末を購入する方法はいくつかありますので、それぞれをまとめてみました。
いくらで手に入るの?
SIMフリー端末を購入する際には、ある程度予算を決めておき、予算の範囲内で購入できる端末を探すようにするのがお勧めです。
安く購入するには
安くSIMフリー端末を手に入れる方法があればぜひそうしたいという人も多いのではないでしょうか。安くSIMフリー端末を購入する方法とその際の注意点をまとめてみました。
中古でも大丈夫?
中古のSIMフリー端末を購入する場合に注意したい点を抑えておけば、安心して利用できます。中古のSIMフリー端末を購入する場合の注意点をまとめてみました。
E-mobileのモバイルルーター
E-mobileのモバイルルーターは現在は販売されていないため、中古品のみになりますが、割安な価格で手に入るものが多く、格安SIMを利用したネット接続の入門機として活用する方法もアリです。