SIMフリー端末だけでは通話やネット接続ができない

SIMフリー端末だけでは通話やネット接続ができない

SIMフリー端末があれば、SIMカードを自由に選択できるため、携帯電話事業者の料金プランやサービスを比較して、自分の気に入ったものを選択できます。

 

格安SIMを契約して、毎月の携帯電話料金を節約できるため、何かとメリットが大きいのがSIMフリー端末の特徴です。

スマートフォンを利用したことがない人の中には、SIMフリー端末について勘違いしている人もいます。

 

勘違いのひとつに、SIMフリー端末を購入すれば無料でインターネットに自動で接続できるというものがあります。

 

SIMフリー端末の意味をよく知らずに端末を購入したものの、インターネットに接続できないと言った相談が時折携帯電話事業者に寄せられます。

SIMフリー端末の注意点

スマートフォン初心者が気をつけたい点は、SIMフリー端末単独でインターネットに接続したり、メールの送受信をしたりすることはできないということです。

 

これまでは携帯電話会社のキャリアショップで手続きを行うのが普通でしたから、SIMフリー端末についても、特に自分で操作しなくても大丈夫だと勘違いしているのかもしれません。

 

SIMフリー端末を購入し、ネットに接続したり、通話をしたりするためには携帯電話事業者と契約する必要があります。

 

携帯電話事業者と契約を済ませると、SIMカードが発行され、SIMカードをSIMフリー端末のSIMカードスロットに挿入することで、インターネット通信や通話ができるようになります。

 

回線設定をしなければ、ネット接続ができない場合があるため、APN等の設定を自分で行う必要があります。

 

もしこれからSIMフリー端末の購入を考えている場合は、前述の点を踏まえてから購入することをお勧めします。

 

SIMフリー端末の設定はそれほど難しくはありませんが、初期設定をする必要がありますので、設定などに自信がない人は、有料のサポートサービスを活用するか携帯電話キャリアの販売するスマートフォンなどを利用すると良いでしょう。

SIMフリー端末だけでは通話やネット接続ができない関連ページ

携帯キャリアの選び方
携帯電話キャリアとの契約を結ぶ場合は、各携帯電話キャリアのメリットを比較することが大切です。
MVNOを利用して携帯料金を節約できる
毎月の通信費が家計に占める割合が高い場合は、MVNOにすることで大幅に軽減できるため、スマートフォンの利用をあきらめていた人でも、新たにスマートフォンを利用できる可能性が出てきます。
テザリングは可能?
外出先でインターネット接続環境を作るのに便利なのがテザリング機能です。そこでSIMフリーのタブレット端末でもテザリングが可能かどうかについての情報をまとめてみました。
タブレットの種類
SIMフリータブレットを購入する場合、用途を考えてから決定することで、後悔せずに済みます。SIMフリータブレットの種類と、用途についての情報をまとめました。
海外で使用する場合の注意点
SIMフリー端末を海外で使用する場合、幾つかの注意点を抑えておく必要があります。
海外版のSIMフリー端末を利用する際の注意点
技適マークは携帯電話やスマートフォンの裏蓋や、端末で自動表示できるものなどがあり、技適マークがないにも関わらず、その端末を国内で利用すると電波法違反の罪に問われます。