ガラケーをSIMフリー化するメリット

ガラケーをSIMフリー化するメリット

スマートフォンの利用者が携帯電話利用者の8割を占めるようになり、ガラケーと呼ばれている従来型携帯電話を使用する人の割合が急速に低下しています。

 

しかしスマートフォンを使っていたものの、ガラケーに戻す人も少なくありません。

ガラケーはスマートフォン同様にSIMロックが掛けられているため、契約している携帯電話事業者以外のSIMカードを入れて使用はできません。

 

ガラケーにもSIMフリー端末があり、利用している人も多くいます。

 

SIMフリーのガラケーを利用するメリットをまとめました。

SIMフリーガラケーのメリット

SIMフリーガラケーを利用するメリットとして、格安SIMが利用できるという点があります。

 

格安SIMはスマートフォン以外にも利用できるため、ガラケーでネットを楽しみたい人にお勧めです。

 

格安SIMを利用する場合、iモードやezwebなどの携帯電話事業者が独自に提供する機能は利用できませんが、ブラウザーを搭載するガラケーならインターネットの閲覧ができます。

 

ガラケーによってテザリング機能を搭載しているものもあり、ガラケーをモバイルルーター代わりに利用する方法もあります。

 

スマートフォンのように電池消費が激しくないため、長時間利用できるのも便利です。

 

別のメリットとして携帯電話会社を自由に選べるという点があります。

 

NTTドコモはドコモ同士でもファミリー割引のグループ外の人との通話は有料ですが、ソフトバンクのホワイトプランや、auのスマートバリューなら時間帯の制限はあるものの無料で通話ができるため通話料を節約できます。

 

他社のSIMカードを挿入すればすぐに利用できるようになるのもSIMフリー端末のメリットです。

 

海外に出かける場合も、SIMフリーのガラケーを利用して現地で通話ができるようになるため、渡航先で電話を掛ける必要がある人にはメリットが大きいと言えるでしょう。

 

スマートフォンのような機能はありませんが、通話がメインという方であればSIMフリーのガラケーを利用する価値は高いと言えます。

ガラケーをSIMフリー化するメリット関連ページ

メリット
SIMフリー端末なら携帯電話会社を変更しても使い慣れた端末をそのまま利用できるというメリットがありますし、新たに購入して無駄な出費を増やす心配もありません。
タブレットを購入するメリット
SIMフリータブレットを購入するメリットとして、MVNO事業者の格安SIMが利用できる点があげららます。
モバイルルーターを利用するメリット
SIMフリーのモバイルルーターなら、利用価値が高くしかも格安な料金でネット環境が構築できるというメリットがあります。
デメリット
SIMフリー端末を購入するデメリットについてまとめてみました。