E-mobileのモバイルルーターはSIMフリーだった

E-mobileのモバイルルーターはSIMフリーだった

SIMフリーのモバイルルーターがあれば、格安SIMを挿入して毎月の通信料金を大幅に節約できます。

 

そのためにはSIMフリータイプのモバイルルーターを購入する必要がありますが、それ以外にもSIMフリーのモバイルルーターを手に入れる方法があります。

 

それがE-mobileのモバイルルーターの購入です。

 

E-mobileは現在はY!mobileに社名が変わり、ソフトバンクグループになりましたが、amazonのマーケットプレイス、ヤフオクや中古携帯電話販売店では中古のE-mobileのモバイルルーターが多数流通しています。

 

未使用の新品の端末が手に入る場合もあります。

 

E-mobileが販売したモバイルルーターにはSIMフリーのものと、SIMロックがかかっているものとがあるため、購入予定の端末、もしくは所有しているモバイルルーターがどちらに当てはまるかを確認する必要があります。

SIMフリーに対応しているモバイルルーター

現在流通しているE-mobileのモバイルルーターで、SIMフリーに対応しているのは、GL01Pをはじめ4種類あり、GL02P、GL04P、そしてGL06Pです。

 

それぞれ中国のファーウェイが製造したモデルで、格安SIMの周波数帯をカバーしています。

 

E-mobileのモバイルルーターを利用する際の注意点は、LTEに対応していないことです。

 

通信は3Gに限られるため、高速なネット接続はできませんが、メールの送受信やネットの閲覧であればストレスなく利用できます。

 

新幹線や高速バスでも利用できるので、移動中でもネットが利用できるのが大きなメリットです。

 

海外でも利用できるので、海外旅行中にネットで観光地などを検索するといった使い方も可能です。

 

E-mobileのモバイルルーターは現在は販売されていないため、中古品のみになりますが、割安な価格で手に入るものが多く、格安SIMを利用したネット接続の入門機として活用する方法もアリです。

 

モバイルルーターを試しに使って見たい方にお勧めです。

E-mobileのモバイルルーターはSIMフリーだった関連ページ

どこで購入できるか
SIMフリー端末を購入する方法はいくつかありますので、それぞれをまとめてみました。
いくらで手に入るの?
SIMフリー端末を購入する際には、ある程度予算を決めておき、予算の範囲内で購入できる端末を探すようにするのがお勧めです。
安く購入するには
安くSIMフリー端末を手に入れる方法があればぜひそうしたいという人も多いのではないでしょうか。安くSIMフリー端末を購入する方法とその際の注意点をまとめてみました。
中古でも大丈夫?
中古のSIMフリー端末を購入する場合に注意したい点を抑えておけば、安心して利用できます。中古のSIMフリー端末を購入する場合の注意点をまとめてみました。
キャリア版iPad
渡航先でiPadにSIMカードを挿入して利用を開始するためには、APN設定などが必要になりますが、渡航先のSIMカードを挿入して、ネットに接続することが可能なのです。