ドコモのスマートフォンをSIMフリーにするには

ドコモのスマートフォンをSIMフリーにするには

SIMロック解除サービスをいち早く提供したのがNTTドコモです。

 

総務省によるSIMロック解除勧告が出る前から、Android端末とガラケー(従来型携帯電話)のSIMロック解除手続きを行っています。

NTTドコモのスマートフォンなどを所有している場合、SIMロックの解除をしなくてもドコモの回線を利用したMVNOが提供する格安SIMを利用できるため、SIMロックを利用するかどうかはスマートフォンなどの使用目的を考えてからにすることをお勧めいたします。

 

ドコモの端末を利用してソフトバンクやauなどのキャリアに変更した場合や、また海外で端末を利用したいといった時にはSIMロックを解除する手続きが必要となります。

ドコモをSIMフリーにするための条件

NTTドコモのスマートフォンのSIMロック解除を行うためには、いくつかの条件を満たしている必要があります。

 

2015年4月までに販売されたAndroid端末、モバイルルーター、ガラケー(従来型携帯電話)のSIMロックを解除する場合、ドコモから購入した場合も、中古携帯電話を購入した場合もSIMロック解除の対象になります。

 

利用期間についての制限はなく、ドコモショップに持ち込めば手数料を支払うだけで解除手続きを依頼できます。

 

ただしiPhoneとiPadは対象外となっているため、SIMロック解除はできません。

 

2015年5月以降に発売された機種については条件が異なります。

 

すでに発売されているiPhone6sもSIMロック解除の対象になっています。

 

ただし新たに購入した端末のみが対象になっているため、中古で購入した端末は対象外になっています。

 

他の条件は端末を購入してから半年間が経過していること、もしくは前回SIMロック解除手続きをしてから半年が経過していることが条件です。

 

解除料金はWEBからの申し込みの場合は無料、ドコモショップなどで依頼する場合は所定の手数料が発生します。

 

また解約した端末のSIMロックを解除するには解約後3カ月以内に制限されているため、SIMロック解除を速やかに実施する必要があります。

ドコモのスマートフォンをSIMフリーにするには関連ページ

au
auのスマートフォンをSIMフリー化する場合の注意点は、利用したい携帯電話会社の周波数帯に対応しているかどうかということです。
ソフトバンク
ソフトバンクの対象スマートフォンを持っている場合は、ソフトバンクショップでSIMロック解除手続きができます。
キャリア端末
SIMロックが掛けられている携帯電話端末を他社でも利用できるようにするのがSIMロック解除です。手続きはそれぞれのショップで申し込むことができます。
キャリアのモバイルルーター
携帯電話キャリアが販売するモバイルルーターは2015年5月以降に発売されたモデルであれば、すべてSIMロック解除の対象になります。