SIMフリー端末に適した携帯キャリアの選び方

SIMフリー端末に適した携帯キャリアの選び方

SIMフリー端末の購入にあわせて考える必要があるのが、携帯電話キャリアの選択です。

 

SIMフリーのメリットは携帯電話事業者をユーザーが自由に選んで契約できることですが、どの携帯電話キャリアを選べば良いのか、選び方に難しさを感じるのも事実です。

 

携帯電話キャリアとの契約を結ぶ場合は、各携帯電話キャリアのメリットを比較することが大切です。

 

携帯電話キャリアで頭に浮かぶのは、ソフトバンク、NTTドコモ、そしてauの3大キャリアです。

 

料金プランはほぼ横並びですが、それぞれ異なる特徴があります。

 

NTTドコモを契約するメリットは、回線品質の高さです。

 

携帯電話キャリアの中でもインフラ構築でトップレベルにあるのがNTTドコモです。

 

災害時でも通話品質が保たれ、復旧が早いことでも知られています。

 

安心感で選ぶならNTTドコモに軍配が上がります。

SIMフリー端末のメリット

料金面での安さを選ぶなら、auかソフトバンクになります。

 

この2社は従来型の料金プランを用意しているため、月額料金が割安になります。

 

両者とも、同じ事業者の携帯電話どうしてあれば無料で通話ができるプランが用意されています。

 

毎月の料金は5000円代~となっています。

 

割安かつ回線が安定しているキャリアにY!mobileがあります。

 

Y!mobileはソフトバンクグループですが、ソフトバンクよりも割安な料金プランを提供しています。

 

月額料金は3000円前後からスタートできるのが魅力です。

 

SIMカードの発行のみのプランも選択できるため、SIMフリースマートフォンとの相性が良いことでも知られています。

 

さらに料金を節約したい場合には、格安SIMを選択しましょう。

 

通話と通信を合わせて月額1500円程度からスタートできるプランも選択できます。

 

SIMフリー端末を利用する最大のメリットは通信料金の節約ですから、通信量の節約を目指すなら、迷わずMVNO事業者の格安SIMを選択するのが良いでしょう。

SIMフリー端末に適した携帯キャリアの選び方関連ページ

機器だけでは通話やネット接続ができない
スマートフォン初心者が気をつけたい点は、SIMフリー端末単独でインターネットに接続したり、メールの送受信をしたりすることはできないということです。
MVNOを利用して携帯料金を節約できる
毎月の通信費が家計に占める割合が高い場合は、MVNOにすることで大幅に軽減できるため、スマートフォンの利用をあきらめていた人でも、新たにスマートフォンを利用できる可能性が出てきます。
テザリングは可能?
外出先でインターネット接続環境を作るのに便利なのがテザリング機能です。そこでSIMフリーのタブレット端末でもテザリングが可能かどうかについての情報をまとめてみました。
タブレットの種類
SIMフリータブレットを購入する場合、用途を考えてから決定することで、後悔せずに済みます。SIMフリータブレットの種類と、用途についての情報をまとめました。
海外で使用する場合の注意点
SIMフリー端末を海外で使用する場合、幾つかの注意点を抑えておく必要があります。
海外版のSIMフリー端末を利用する際の注意点
技適マークは携帯電話やスマートフォンの裏蓋や、端末で自動表示できるものなどがあり、技適マークがないにも関わらず、その端末を国内で利用すると電波法違反の罪に問われます。