SIMフリー端末を安く購入するには

SIMフリー端末を安く購入するには

格安SIMを利用することで、毎月の携帯電話料金を安く抑えられますが、ネックになるのがSIMフリーのスマートフォンを用意することです。

 

SIMフリーのiPhone6sは容量次第で10万円を超えるものもあり、格安SIMを利用して携帯電話の料金を安くできるメリットが無くなってしまいます。

もっと安くSIMフリー端末を手に入れる方法があればぜひそうしたいという人も多いのではないでしょうか。

 

安くSIMフリー端末を購入する方法とその際の注意点をまとめてみました。

(1)中古携帯電話販売店で購入する

中古携帯電話販売店ならSIMフリー端末を安く購入できます。

 

販売されているスマートフォンには、キャリア版もありますが、NTTドコモやauのスマートフォンならそれらの回線事業者を利用したMVNO事業者の格安SIMをSIMフリー化せずに利用できるため、利用価値が高くなります。

 

販売額もピンキリで傷が付いていたり年式が古かったりすると、数千円で購入できるものもあります。

 

NTTドコモのスマートフォンならドコモショップでSIMロック解除ができるので便利です。

 

ソフマップやノジマオンラインでは中古のNTTドコモなどのスマートフォンが割安な価格で販売されています。

 

近くに店舗がなくても購入できるのが魅力です。

 

 

(2)amazonで格安のSIMフリー端末を購入する

海外製のAndroid端末をamazonで購入することで、安くSIMフリー端末が手に入ります。

 

日本向けのSIMフリー端末が手頃な価格で販売されているのが特徴です。

 

1万円以内で購入できるSIMフリー端末も多数販売されているので、保証が付いていて新品の端末が欲しいという人に向いています。

 

スペックが高いものも割安な価格で販売されています。

 

amazonのマーケットプレイスでは、中古のSIMフリー端末が安く販売されていることもありますので、普段からチェックしておくことをお勧めします。

SIMフリー端末を安く購入するには関連ページ

どこで購入できるか
SIMフリー端末を購入する方法はいくつかありますので、それぞれをまとめてみました。
いくらで手に入るの?
SIMフリー端末を購入する際には、ある程度予算を決めておき、予算の範囲内で購入できる端末を探すようにするのがお勧めです。
中古でも大丈夫?
中古のSIMフリー端末を購入する場合に注意したい点を抑えておけば、安心して利用できます。中古のSIMフリー端末を購入する場合の注意点をまとめてみました。
E-mobileのモバイルルーター
E-mobileのモバイルルーターは現在は販売されていないため、中古品のみになりますが、割安な価格で手に入るものが多く、格安SIMを利用したネット接続の入門機として活用する方法もアリです。
キャリア版iPad
渡航先でiPadにSIMカードを挿入して利用を開始するためには、APN設定などが必要になりますが、渡航先のSIMカードを挿入して、ネットに接続することが可能なのです。