パソコンの廃棄をするには

パソコン廃棄

 

パソコン廃棄の方法で悩んでいませんか?

 

インターネットが普及したことで、一般家庭にもパソコンは普及しています。

 

一方でパソコンは精密機械のため、ある日突然不具合を起こして使えなくなることがあります。

 

パソコンを買い替えた経験のある方も多いでしょうが、使わなくなったパソコンの処分の仕方がわからず、自宅にそのまま放置している人はいませんか?

 

パソコン廃棄の方法

パソコンを廃棄する際には、通常のゴミ捨てとはまったく異なるので注意しましょう。

 

パソコンを廃棄する際には、資源有効利用促進法と呼ばれる法律に則って処分しないといけません。

 

3R政策(METI/経済産業省)

 

パソコン並びにディスプレイモニターに関しては、メーカーによる自主回収やリサイクルが義務付けとなっています。

 

家庭用パソコンは、平成15年10月からこのルールに則り廃棄しないといけません。

 

具体的に対象となるのはデスクトップのパソコンやノートパソコンや液晶ディスプレイ、また一体型パソコンなどが該当します。

 

引用:パソコン廃棄について
「廃パソコンは資源有効利用促進法または小型家電リサイクル法に従って処理しなければなりません。これ以外の廃棄方法は不法投棄となります。

 

法令に則った正しい手続きを取らないと不法投棄に加担することになります。」

 

パソコンメーカーに破棄する

 

パソコンメーカーのホームページを見てみると、使わなくなったパソコンの回収サービスを実施していると書かれているはずです。

 

パソコンメーカーのほとんどで、自社製品の引き取りを実施しています。

 

パソコンメーカーの場合、自社製品であれば無償で引き取ってくれます。

 

パソコンメーカーはエコへの取り組みとしてパソコンを回収している

 

会社の評価の基準として、エコにいかに貢献しているかも重視されています。

 

このため、このような不要なパソコンの引き取りを積極的に実施して、それを実績としてセールスポイントにする傾向が見られます。

 

パソコンメーカーの回収方法

 

メーカーの回収方法ですが、まずホームページなどでパソコン回収手続きの申請をします。

 

すると自宅にエコゆうパックの伝票が届くはずです。

 

ダンボールを用意して廃棄したいパソコンを梱包して、メーカーに送付すればあとは処理してくれます。

 

ちなみにパソコンの中に入っているデータですが、ほとんどのメーカーで消去してくれます。

 

よってパソコンの中に入っている情報が漏えいする心配はないでしょう。

 

PCリサイクルマークの有無をチェック

 

ただしパソコンメーカーの回収サービスですが、まず他社製品のパソコンは原則引取りはしてくれません。

 

加えて、古い形式のパソコンの場合、料金がかかってしまいます。

 

自分のパソコンが有料かどうかチェックするポイントは、PCリサイクルマークの有無です。

 

もしPCリサイクルマークがついているのであれば、無料で引き取ってくれます。

 

ただしPCリサイクルマークがついていないパソコンを回収してもらうには、料金がかかります。

 

ちなみに平成15年が一つのラインになります。

 

電気量販店でパソコン廃棄

 

皆さんが今まで使ってきたパソコンを手放す理由として、いろいろな事情があるでしょう。

 

その中でも多いのが、パソコンを買い替えるため、古くなったパソコンが必要なくなったというケースです。

 

壊れる前にパソコン買い換える人は多い

 

中には今使っているパソコンがまだ壊れたわけではない人もいるでしょう。

 

パソコン業界では、次から次へと新機種がどんどん登場しています。

 

そして新しい機種であればあるほど、性能がアップしています。

 

数年間で情報処理スピードも機能も、格段に向上してしまうのが当たり前の世界です。

 

そこでより快適に使用できる機種を求めて、まだパソコンが壊れていなくても新しい機種を購入する人も多いはずです。

 

電気量販店でパソコン廃棄するメリット

 

パソコンを購入するにあたって、近所の大手家電量販店を利用している人もいるでしょう。

 

家電量販店の中には、自分のお店のパソコンを購入する条件で前のパソコンを下取りしてくれる所も増えています。

 

こちらを利用すれば、自分で業者を見つける必要もなく、手間もかかりません。

 

まだ使えるパソコンであれば、買取をしてくれる可能性もあります。

 

そうすれば、新しいパソコンから買取価格が差し引かれるため、お得に新機種を購入できるかもしれません。

 

自分が利用している家電量販店で、このような下取りサービスを実施しているかどうか確認しておきましょう。

 

データの消去について必ず確認しておく

 

この時大事なこととして、下取りしたパソコンのデータの処理をどうしているかを確認することです。

 

ホームページでデータ消去をしてくれるかどうかチェックしましょう。

 

もしはっきりとしたことが書かれていないのであれば、事前に店員に確認しておくべきです。

 

もしデータ消去をしていないのであれば、自分であらかじめデータ消去をしておきましょう。

 

データ消去専用のソフトがありますので、こちらで前もってパソコンの中に入っているデータを取り出しておくことです。

 

もしくはハードディスクだけを取り出しておけば、データをほかの誰かに盗まれる心配もなくなります。

 

 

廃棄物処理業者でパソコン廃棄

 

自宅の近所を「不要な家電製品を回収いたします」といったアナウンスをしながらトラックが巡回していることはありませんか?

 

このようないらなくなった、故障してしまった家電を引き取ってくれる廃棄物処理業者が日本全国にいくつもあります。

 

廃棄物処理業者を使ったパソコン廃棄はリスクがある

 

パソコンが故障してしまった、新しいものに買い替えたから今使っている家電が必要なくなってしまったから処分したいと思っている中で、この廃棄物処理業者に処分を依頼したいと思っている人もいるでしょう。

 

しかし廃棄物処理業者を使ったパソコン廃棄する方法は、リスクが伴います。

 

まず廃棄物処理業者は、ピンキリな所のある点です。

 

もちろん大半の業者はまっとうなビジネスをしていますが、一部悪徳業者もあります。

 

廃棄物処理業者でのトラブル

 

格安料金で回収すると言っておきながら、何かと名目をつけて法外な料金を後になって請求する業者です。

 

そのほかには引き取った家電やパソコンを非合法な方法で処分する業者も見られます。

 

山の中などに不法投棄する業者もいます。

 

廃棄物処理業者を利用する場合には、ネットできちんと調べたうえで信頼できるところを見つけましょう。

 

そのほかには自治体に電話して、優良業者を紹介してもらうという方法もあります。

 

データ消去もきちんとしてくれるかどうか確認する

 

ただしきちんとした業者でも、まだ安心できません。

 

家電の処理は何度も行っていてもパソコンの場合、やり方が多少異なるからです。

 

パソコンの場合大事なのは、パソコンの中に入っているデータです。

 

廃棄物処理業者の中にはパソコンを単なるごみと解釈して、中に入っているデータをそのままの状態で処分してしまうケースも見られます。

 

となると廃棄したパソコンから誰かが不正にデータを取り出すこともできてしまいます。

 

廃棄物処理業者を利用する場合には、データ消去もきちんとしてくれるかどうか確認をしておくべきです。

 

廃棄物処理業者の中にはデータ消去に対応している業者もあります。

 

ただし、データ消去する場合、回収とは別途で料金を請求されるケースもありますから注意しましょう。

 

地方自治体でパソコン廃棄?

 

地方自治体では原則リサイクル商品のパソコンの回収は行っていません。

 

しかし自治体の中には、パソコン廃棄に対応している所も出てきています。

 

ただしパソコン廃棄を実施している自治体はまだ決して多くはありません。

 

パソコン本体の回収は自治体によって変わる

 

またどのようなものが回収対象になるかが自治体によって異なります。

 

ですから自分が廃棄したいと思っているものが対象品目に入っているかどうか確認しましょう。

 

スキャナーやプリンタのようなパソコン周辺機器であれば、回収している所は多いです。

 

ただしパソコン本体となると、自治体によって判断は分かれているのが実情です。

 

パソコン廃棄を実施している自治体では、原則無料で回収しています。

 

自治体のパソコン廃棄サービスの手順

 

自治体のパソコン廃棄サービスを利用するためには、自治体で設置している地域回収ボックスに持っていきます。

 

宅配便を使って配送するサービスは行っていません。

 

デスクトップのような大きめのものだと持ち運びに苦労するかもしれません。

 

廃棄完了までどのくらいの期間がかるかですが、自治体によって異なります。

 

ホームページなどで目安になる期間が記載されているかもしれないので、気になる人はチェックしてみましょう。

 

自治体でのパソコン廃棄でもデータは自分で消去しておこう

 

パソコン廃棄に関して、各自治体で適切な管理をすることを義務付けられています。

 

ですからパソコンの中に入っているデータ消去はしてくれるはずです。

 

ただし、個人情報など重要なものが含まれているのであれば、事前に自分でデータ消去をしておいた方がいいでしょう。

 

データ消去ソフトなどを使って、データをクリアしておきましょう。

 

パソコンのデータの中には、時に重要な情報が含まれています。

 

個人情報や通販でネットショッピングをしている人は、クレジットカード情報などもあるでしょう。

 

このような情報が引き出されると、場合によっては実害をこうむる可能性も考えられます。

 

自治体の場合、回収サービスを実施していても最低限の内容になりますので自分の情報は自分で守るように心がけましょう。

 

パソコンショップでの買取で廃棄

 

パソコンショップの中には、古くなったパソコンの買取を実施しているところがあります。

 

こうすることでまだ使えるパソコンを新しいパソコンに買い替えてもらって、購入促進をするわけです。

 

パソコンショップの他にはメーカー直販サイトでも、下取りサービスを実施しています。

 

なかなか高値はつかない

 

ただしここで注意したいのは、なかなか高値はつかない点です。

 

比較的新しく、状態も新品に限りなく近い機種やMacbookのような人気機種でないと、高値買取は期待できません。

 

またかなり古い機種や状態が悪いと買取そのものを実施してくれない可能性もあると思っておきましょう。

 

ソフマップやPC DEPOTなどは中古パソコンを販売しています。

 

このような中古品を仕入れるためにパソコンの買取を実施しています。

 

パソコンそのものとしては機能しない商品でも、多少の値の付く可能性はあります。

 

パソコンを分解してまだ使えるパーツを中古品として販売するわけです。

 

ジャンク品として二束三文で販売しているケースも見られます。

 

買取可能か査定してもらう

 

ちなみに自分のパソコンに値がつくかどうか、一度査定を受けてみるのもおススメです。

 

査定は無料で実施している所が多いです。

 

購入してまだ日にちの経過していないものや正常に動作するパソコンであれば、買い取ってもらえる可能性は高いです。

 

メーカー直販サイトは、上で紹介したパソコンショップと提携して買取サービスを実施しています。

 

キャンペーンを活用する

 

メーカー直販サイトの場合、不定期でキャンペーンを実施している所も多いです。

 

キャンペーン期間中だと通常時よりも、買取価格が高くなるなどの特典を設けています。

 

自分の処分したいパソコンのメーカー直販サイトをチェックしてみましょう。

 

もしキャンペーン期間中であれば、こちらでいらなくなったパソコンを廃棄する方法もあります。

 

パソコンショップでもメーカー直販サイトでも、引き取ったパソコンのデータ消去は実施していますので心配する必要はありません。

 

だいたい配送買取から買取価格の振り込みが完了するまで、2週間くらいかかります。

 

 

オークションでパソコン廃棄

 

ネットオークションで、パソコンを売りに出すという方法もあるにはあります。

 

「まだ使えるものならわかるけれども、壊れたパソコンなど出してもだれも買わない」と思っている人はいませんか?

 

しかしこのような壊れたパソコンでも需要があるかもしれません。

 

壊れたパソコンも需要はある

 

実はネットオークションを使ってジャンク品を購入する人もいるのです。

 

パソコン全体としては壊れて使い物にならなくても、部品ごとに見れば、まだ使えるパーツがあるかもしれません。

 

壊れたパソコンをとんでもなく安い価格で調達して、そこから必要な部品を取り出して自作パソコンを作ったり、修理したりする人もいます。

 

壊れたパソコンの場合、どんなに新機種でも高値のつくことはまずありません。

 

パソコン破棄するにあたっていくばくかのお金が入ってくるだけでラッキーくらいの感覚で利用することです。

 

ネットオークションを利用時の注意点

 

ただしネットオークションを利用するときには、かなり慎重な姿勢を持つことが大事です。

 

例えばパソコンの状態はなるべく細かく記載することが大事です。

 

当人は「大したことのない程度だ」と思っていても、購入する側はそう考えていないこともあり得ます。

 

そうなると「言っていたことと違うではないか!」とトラブルになることもあります。

 

画像や説明文で細かく説明をして、このような誤解のないように対処しましょう。

 

出品前に必ずデータを消去しよう

 

そしてネットオークションを利用するときには、データの消去を忘れずに行いましょう。

 

オークションで購入する人の中には、パソコンに入っているデータを悪用しようという人もいるかもしれません。

 

ゴミ箱で削除しているから大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、この程度であればデータ復旧ツールなどを使えば簡単に復活できます。

 

データ消去ソフトなどを使って、しっかりデータを消しておきましょう。

 

ネットオークションを使ってパソコン破棄する方法もありますが、上で紹介したようにリスクも高いです。

 

そこでやはり専門業者の回収サービスの利用を検討した方がいいでしょう。

 

パソコン回収業者一覧

 

パソコン専門の不用品回収業者で廃棄する

 

インターネットで検索してみると、パソコン専門の不用品回収業者というのがいくつか出てくるはずです。

 

文字通りパソコンに特化して、いらなくなった・使わなくなったパソコンを引き取ってくれる業者のことです。

 

パソコンに関する専門知識を持ったスタッフが回収してくれる

 

使わなくなったパソコンの破棄を検討しているのであれば、パソコン専門の不用品回収業者を利用するのがオススメです。

 

やはり大きいのは、パソコンに特化して廃棄を請け負っている所です。

 

このため、パソコンに関する専門知識を持ったスタッフが回収してくれますから安心です。

 

パソコン専門の不用品回収業者以外にもパソコンを処分する方法はいろいろとあります。

 

しかしパソコンによっては、引き取りそのものを拒否される恐れがあります。

 

相当のレベルで壊れてしまっているとか、かなり昔のパソコンである、傷や汚れがかなり目立っているパソコンであれば、買取サービスなどはなかなか利用できないでしょう。

 

パソコン専門の不用品回収業者を利用するメリット

 

このような他では引き取り拒否されたようなパソコンでも、パソコン専門の不用品回収業者では回収してくれます。

 

パソコン引取りサービスの中には、自分でパソコンをお店に持ち込まないといけない所も結構あります。

 

普段仕事などで忙しい人の中には、自分でお店に持ち込むことがスケジュール的に無理という人もいるはずです。

 

パソコン専門の不用品回収業者の場合、スタッフが自宅に来て回収してくれる、宅配業者を使って配送して処分してもらえるところが多いです。

 

つまり自宅から出ることなく、パソコン廃棄できるので利便性も高いわけです。

 

他の不用品も回収してくれる

 

またパソコン専門の不用品回収業者の中には、パソコン以外の家電などの不用品も同時回収している所もあります。

 

引越しなどでまとまった不用品が出た時などに利用したいサービスといえます。

 

パソコンを廃棄するときには、中に入っているデータの消去をする必要があります。

 

しかしパソコン専門の不用品回収業者であればほとんどの所が、データ消去も行ってくれますのでセキュリティ上のリスクを心配しなくても良い所も魅力といえます。

 

リサイクルショップでパソコン廃棄

 

自宅の近くにリサイクルショップのある人はいませんか?

 

いらなくなった・使わなくなったパソコンを廃棄する場所として、選択肢の一つにはなります。

 

引越しをするなどで、まとまった不用品が出ているのであれば、リサイクルショップを利用すると一挙に処分できます。

 

出張買取やジャンク品も買い取ってくれる

 

またリサイクルショップの中には、出張買取に対応している所もあります。

 

パソコンを廃棄したいけれども店に持ち込む時間がないとか、デスクトップでもっていくのが大変といったケースには重宝するサービスです。

 

リサイクルショップに行ってみるとわかりますが、中古パソコンを取り扱っている所も結構あります。

 

またジャンク品といって、パソコンそのものとしては使い物にならなくなっている商品でも販売しているお店も見られます。

 

パーツに分解して、使えるものを使うという人もいるからです。

 

ジャンク品を見てみると、100円とか数十円といった格安価格で販売されています。

 

故障しているパソコンは引き取ってくれる?

 

リサイクルショップの中には故障してパソコンとしては使い物にならない商品でも引き取ってくれる所はあります。

 

しかし販売価格が100円とか数十円ですから、買取価格はあまり期待できないと思ってください。

 

またリサイクルショップは、何でもかんでも引き取ってくれるわけではありません。

 

多少壊れているものならジャンク品として売ることも可能ですが、あまりに壊れ方がひどいとジャンク品としても取り扱うのが厳しいケースも出てきます。

 

またあまりに古すぎる型番のパソコンも買取不可になる可能性が高いです。

 

引取り可能かどうか、事前に査定を受けた方がいいでしょう。

 

リサイクルショップではデータ消去はしていないことが多い

 

リサイクルショップの場合、パソコンの専門店ではないため、データ消去サービスのついていない可能性があります。

 

データ消去してくれる場合でも、別途お金がかかってしまうこともあります。

 

そこでリサイクルショップに買取に出すのであれば、データ消去ソフトなどを使って自分でデータを消してお必要があります。

 

自治体ではパソコン収集をしていない

自治体では基本的に処分や回収を行っていません。

 

つまり燃えないゴミとか粗大ごみなどで処分はできないので注意しましょう。

 

ただしパソコンの周辺機器に関しては、通常のごみと同様で処分することが可能です。

 

プリンタやキーボード、マウスといったものが該当します。

 

ただしこれらの処分が具体的にどうかは、自治体によって多少対応が異なります。

 

自分の住んでいる自治体のホームページなどで処分方法が紹介されているはずですから、事前に確認しておくのが無難です。

 

資源循環ハンドブック 2013 法制度と3R の動向【経済産業省】

 

パソコン廃棄の際はPCリサイクルマークを確認しよう

PCリサイクルマーク

<出典>一般社団法人 パソコン3R推進協会

 

平成15年10月以降に発売されたパソコンに関しては、PCリサイクルと呼ばれるマークがついているはずです。

 

このマークのついている機種を処分するのであれば、無料で廃棄手続きを進められます。

 

しかし、この方法はメーカーへの申し込みや梱包等煩わしい作業があるのが難点です。

 

また、昔に使ったパソコンを処分することができずに、ずっと自宅に保管している人もいるでしょう。

 

この場合、PCリサイクルマークのついていない機種を使っている可能性もあります。

 

この時には、パソコンのリサイクル料金を負担しないといけません。

 

自分のパソコンにマークがついているかどうか確認しておきましょう。

パソコン廃棄とデータ消去の重要性

データが入ったままのパソコン廃棄は危険

 

パソコンが故障してしまった、不具合が発生したという人の中にはパソコンを廃棄処分したいと思っている人も多いでしょう。

 

パソコン廃棄をする時に心がけておきたいこととして、データの消去があります。

 

しかし中には「別に大事な情報を入れているわけでもないし」とか「消去作業するのが面倒そう」と思っている人もいるでしょう。

 

それでもパソコンのデータ消去は廃棄するときに必ず実施することです。

 

想像以上にパソコンの中には大事なデータが入っている

 

皆さんが思っている以上に、パソコンの中には大事なデータが入っています。

 

例えば年賀状を作成するときに、パソコンソフトを使っている人も多いでしょう。

 

この場合、年賀状を送付する知人・友人の個人情報が住所録に入っているでしょう。

 

またネットバンクや通販サイトなどに会員登録をしている場合、会員情報がいろいろとパソコンの中に入っているはずです。

 

 

データをパソコンから抜き出すのは簡単

 

パソコン廃棄

 

通販サイトであれば、クレジットカードの情報が書かれているはずです。

 

またデジカメで撮影した写真や動画を入れていれば、そのデータもあります。

 

もし仕事用でパソコンを使用していれば、会社に関する様々な情報が登録されている可能性があります。

 

これを特別データ消去もせずに廃棄に出すと、データを抜き取られる可能性があります。

 

データをパソコンから抜き出すのは、多少専門的な知識を持っていれば簡単にできることです。

 

データ消去していないと起こりうる実害

 

例えばクレジットカード情報が分かれば、商品を本人になりすまして購入することも可能です。

 

その他にもネットバンキングのパスワードを抜き取ることができれば、なりすましで皆さんの口座からお金を取り出すことも可能です。

 

さらにはフェイスブックやツイッターのID情報が分かれば、皆さんのアカウントを乗っ取られる恐れもあります。

 

このようにパソコンの中に入っている個人情報を抜き取られると、いろいろな実害が生じます。

 

しかも年賀状ソフトの住所録情報をそのままにしていると、相手に迷惑のかかる恐れがあります。

 

ですからパソコン廃棄する際に、データ消去は必ず行いましょう。

 

 

パソコン処分の前にデータ完全消去方法 パソコン屋が教える簡単な方法

ハードディスクの破壊方法

パソコンを廃棄するときに大事なのは、パソコンで保存している情報を消去することです。

 

中には重要な情報の含まれている可能性も高く、そのまま廃棄すると悪用される可能性も十分あります。

 

パソコンのデータはハードディスクの中に保管されている

 

パソコンのデータですが、ハードディスクの中で保管されています。

 

ハードディスクは見た目的には、レコードプレイヤーに近いと思ってください。

 

ディスクとヘッドを使って記録や読み取りを実施します。

 

ディスクはガラスやアルミを使用するのが一般的で、そこに磁性体を塗布してデータの管理をしています。

 

この部分を破壊すれば、データを読み取ることはできなくなります。

 

パソコン回収業者の中には、このディスクの物理的破壊を実施しているところも多いです。

 

ディスクの物理的破壊

 

その方法ですが、まず回収したパソコンからハードディスクを取り出します。

 

ハードディスクの位置は、機種によってさまざまで、素人には簡単には取り出せないような構造になっているものも見られます。

 

取り出したハードディスクは、クラッシュする専用の機器がありますのでその中に入れます。

 

そして先ほど紹介したデータを記録している部分にピンポイントで圧力をかけて変形させます。

 

穿孔するところまで徹底している業者もあるようです。

 

ここまでディスクを破壊してしまうと、いかにデータの復旧技術が年々進化しているとはいえ、取り出すことは不可能です。

 

クラッシュ機器に挿入して破壊されるまでに、数秒くらいしかかかりません。

 

けがの恐れもあるので専門業者に任せよう

 

ディスクを破壊するくらいなら、自分でもできると思っている人もいるかもしれません。

 

しかしディスクの中でもどこが記録する箇所なのか、専門的な知識がないとなかなか区別できません。

 

また先ほども紹介したようにディスクの中には、ガラスも使われています。

 

このため人の手で破壊するとガラスの破片で手などにけがをする恐れもあります。

 

専門の回収業者であれば、ピンポイントでしっかり破壊してくれるので完璧なデータ消去が行えます。

 

個人情報流出の対策を完ぺきに行いたいのであれば、専門業者にお願いすべきです。

 

ハードディスクの取り出しから破壊まで

このページの先頭へ戻る